スーツの男性

再建築不可のケースを把握しましょう|スムーズな建築のために

物件入れ替えのテクニック

困っている男性

中古のワンルームマンションは利回りの高さが魅力的ですが、老朽化が進む前に早めに売却するのがポイントです。不動産の売買では時間をかけることも重要ですが、様々な局面で臨機応変に対応できるように、柔軟な考え方を持つべきです。

もっと読む

物件購入の注意点

困る男性

再建築が出来ない

建物を建てるさいにはさまざまな法令にもとづいて行う必要がありますが、その中でも厳しいものが再建築不可です。再建築不可は、文字通り再建築することが出来ない建物で、一度取り壊してして更地にすると新しい建物を建てることができないというものです。再建築不可になる条件はさまざまで多いのが建築基準法に定められた道路に敷地が2メートル以上面していなければならないというものです。古くからある町では、この条件を満たしていない場所に建物が多く建てられており、再建築不可の物件が多くあります。一方で再建築不可というのは一度更地にして新しい建物を建てる場合であり、改築や増築といったことは可能です。また資産価値が低く見積もられるので固定資産税が安いといったメリットがあります。

規制をクリアして建てる

建築基準法では敷地が2メートル以上面していなければ家を建てることができませんが、必ずしも絶対条件というわけではなく、敷地の周囲の状況や建物の条件によって許可されるケースがあります。このため再建築不可の物件であっても更地にして新しい建物を建てるということも可能です。特に近年は空き家問題を解消するために、再建築しやすいように条件を緩和しているケースも多く見られます。このように再建築不可で条件をクリアして、再建築を可能にすることができるのです。持ち家の処理に悩んでいる方は、それが再建築可能の条件を満たしているのか、自分で調べてみたり、不動産会社に尋ねてみるといいでしょう。

天然素材による家

模型と道具

自然素材を使用した家は、アレルギーの発症を少なくすることから名古屋でも多く建設されています。費用の面でも、ハウスメーカーが独自開発する素材を使うことにより、安く建設できるようになっています。これから一般にも広まると予測されています。

もっと読む

個人のところがお勧め

設計図と模型

東京にもたくさんの設計事務所が存在します。その中には個人経営を行なっているところがあり、そのような事務所の場合は自由度が高いことから好みに適している建物を建設してくれる可能性が高いです。

もっと読む